Is the first step of communication really greetings or self-introduction? 
コミュニケーションの第一歩って挨拶や自己紹介なの?

*Written in English followed by Japanese

What’s the first step of communication?

 

Most language textbooks start with basic greetings or self-introduction. But I believe the very first communication in any language is to call by name.  

 

Imagine you meet your college in the morning, which greeting will make me feel happy, おはよう OHAYOO (good morning) or まきこさーん MAKIKO SA-N (calling me by name)? (Of course you must remember to give a big smile(^-^).) Definitely the latter is better. I can feel you want to relate to me personally because calling the person by name gives a message that I know you personally.

 

How about asking your friend what to order in a restaurant? Which is the best expression to say “how about you?” when you want to know your friend’s food choice? 

 

1.あなたは?ANATA WA?

2.まきこさんは? MAKIKO SAN WA?

3.まきこは? MAKIKO WA?

 

1 sounds impersonal and cold. In fact, we seldom use あなたANATA to mean “you” except for loving couple to say it in an intimate way.  2&3 are both possible depending on how close you are. My siblings call me まきこ while まきこさん is used by some friends. In close relationships, we use more casual forms. But be mindful that there are people who want to be respected, especially for seniors and someone in a higher position.

 

Importance of Calling by name

 

Calling by name is a very important first step for a better relationship 😉 Each person has a special lovely name given by our parents or other close ones. For my case, my parents gave me this name 牧子 MAKIKO, which means the Shepherd’s child as I was born on Christmas Day. I remember in one class, the students started to share fascinating stories behind their name. Interestingly in the process of God’s creation work in Genesis 2 in the Bible, He gave man an interesting role to name each animal. Looking at panda, he named panda? Ha ha!! 

 

So it’s time to switch to call me まきこさん MAKIKO SAN instead of just SENSEI (teacher).  Intentionally put the person’s name in our daily communication, whether conversation or text message, will surely make us feel closer and lead to a better relationship. Let’s practice it intentionally!  

 

 

コミュニケーションの第一歩って何でしょう。

語学のテキストのほとんどは、まず挨拶の言葉や自己紹介で始まっていますね。でも私が考える語学で教えるべき最初の項目は「相手を名前で呼ぶ」ということなんです。

 

例えば朝同僚に会ったとしましょう。にっこり笑顔で言うのはもちろんのことですが、

「おはよう」と言うのと「まきこさーん」と言うのと、聞いた人はどちらが嬉しく感じるでしょうか。私だったら、絶対「まきこさーん」と一言でも自分の名前を呼ばれたほうが、嬉しいです。名前を呼ぶという行為には「あなたのことを知っているよ」というメッセージが隠されているからだと思います。

 

レストランで友だちと何を食べようかと話しているときはどうでしょうか。何を頼みたいかと、友だちに振るとき、コミュニケーションの観点から一番いいのは次のどれだと思いますか。

 

1.あなたは?ANATA WA?

2.まきこさんは? MAKIKO SAN WA?

3.まきこは? MAKIKO WA?

 

1はその人を認識していない感じがして冷たく聞こえます。実際には、私たち日本人はラブラブのカップルが「あなた~♡」と呼ぶ以外は、「あなたは…」という言葉はめったに使っていません。その人の名前を知っていれば名前で「○○さんは…」と言うのです。関係が近くなれば「~さん」を付けなくても失礼ではなく、むしろ近しさの印にもなります。もちろん上下関係を気にする人もいるので気をつけなければなりませんが。

 

名前で呼ぶことの大切さ

 

よりよい関係を築くための第一歩、それは相手を名前で呼ぶことです😉。一人一人、みんな両親や近しい人が愛情を込めて付けてくれた名前を持っていて、そこには特別な意味があります。私の名前『牧子』は、両親がクリスマスに生まれた自分に『羊飼いの子』という意味で付けてくれた名前です。おもしろいでしょう?あるクラスで生徒さんたちに名前の由来についてシェアしてもらったら、みんな本当に深い意味のある名前を持っているなあ、と実感しました。そういえば、世界を創る過程で名前を動物に付けるという作業を、神さまが人に手伝わせたことが創世記に記されているのは興味深いことです。一匹の動物を見て、人が『パ・ン・ダ』って呼んだから、パンダっていう名になったんですね。なるほど~!

 

私のことを未だに「せんせい」と呼んでくれる生徒さん、もう「まきこさん」と読んでくれていいですよ。日常の何気ない会話やメッセージの中で、親しみを込めてその人の名前を添える習慣を身に着けると素敵な関係に繋がると思います。皆さんもぜひ意識的にやってみてください。

Contact Me

Enquiry (Choose 1 or more)